トピックス

悪徳弁護士・司法書士にご注意!

交渉できるのは有資格者だけ

借金問題の解決をはじめ、およそ法的トラブルの解決について、対価を得て交渉を行えるのは、弁護士と一定の資格を有する司法書士だけです。したがって、借金問題の解決を有償で依頼する場合には、依頼先が弁護士か一定の資格を有する司法書士でない以上、違法業者ですので、絶対に近寄らないようにしましょう。弁護士は全員が制限なく交渉ができますが、司法書士には制限があります。司法書士は、自己破産や個人再生、地方裁判所での裁判手続は代理できません。

悪徳有資格者にご注意

また、弁護士や司法書士といった有資格者でも、この中には、残念ながら悪徳弁護士や司法書士がいることも事実です。弁護士会ではこういった悪徳有資格者を厳しく取り締まっていますが、市民の皆さまの自己防衛も必要です。悪徳有資格者は、当然のことながら自ら悪徳とは名乗りません。さも市民の味方のように装って、大々的に広告宣伝をして集客し、実際は杜撰な仕事をしたり、過大な報酬を取ったり、預り金を着服・流用してしまったりします。くれぐれもご注意いただきたいと思います。

ただ、弁護士などに接するのが初めての市民の皆様にとっては、見分け方が難しいかもしれません。
当法律相談センターは、東京の3つの弁護士会が運営している貸金業者の借金問題専門の法律相談センターです。弁護士会の監督がおよんでいますので、悪徳弁護士はおりません。当センターにご相談いただくのが解決への近道といえます。

参考までに、いままで悪徳弁護士と確認された弁護士に、典型的によく見られた特徴をお示ししておきます。

  • 弁護士などの事務所なのに、初回から弁護士などは一切出てこず(又は挨拶程度をするだけで)、専ら事務職員が終始対応する。
  • ダイレクトメールやチラシ広告などで借金問題解決を弁護士側から積極的に勧誘する。
  • 借金を一本化するとか整理を請け負うという業者や、NPO(ボランティア)団体と称する紹介団体や、高利金融業者から紹介された弁護士。
  • 公共の場所のいたるところやスポーツ紙などに借金整理専門をうたって大々的な広告を展開している。
  • 東京の弁護士なのに、地方でも派手に広告宣伝したり無料法律相談会を頻繁に行っている。
  • 事件の依頼を受けるときに、報酬契約書を作らず、報酬に関する明確な説明がない。
  • 無料法律相談を大々的に宣伝して市民を沢山集めておきながら、まとまった報酬を最初にある程度払えない人や、ヤミ金事案など手間のかかる事件は依頼を受けることを渋る。

相談の流れ

クレサラ電話相談

弁護士が10分程度の簡単な相談に応じます。(無料)
03-3237-6663(四谷)
03-3257-6663(神田)
月曜~金曜(休日を除く)午前10時から正午

携帯サイトはこちらから

相談センターの地図や住所などをご確認いただけます。