Q&A

相談センターについて

弁護士に債務整理を依頼するメリットは何ですか?
貸金業者は、弁護士から受任通知を受け取ると本人に請求できないことになっています。弁護士に依頼すると貸金業者からの請求が止まります。
また、弁護士が貸金業者とする和解は、基本的には損害金や、将来の利息を付けないことになっています。
貸金業者の貸し付けの利率は通常年20%を越えているのに対し、利息制限法で貸金業者に認められている金利は年15%〜年20%です。弁護士に依頼すると、利息制限法による引き直し計算を行います。その結果、途中で大きな追加の借入れがない場合は、だいたい5?7年程度で、貸金業者の借金がなくなっていることが多いようです。
返済をしている金額、期間によっては、消費者金融の場合には100万円以上、商工ローン業者の場合には1,000万円以上の「過払い金」が返ってくることも多く、弁護士会の法律相談センターでは借金に困った人のために、そうした過払い金をどんどん取り戻すことを推奨しています。

関連記事

相談事例