Q&A

特定調停

特定調停って何ですか?
法的紛争を解決する手段の一つに調停手続があります。裁判所で行う手続ですが、いわゆる「裁判」ではなく、当事者間での話し合いによる解決をめざすもので、主に調停委員が間に入って調整を進めてくれます。話し合いですから、上手くまとまらず調停不調となる場合もあります。調停が成立するとその調停調書は「確定判決」と同様の強制力を持ちます。
離婚調停、宅地建物調停など色々な種類の調停手続がありますが、「特定調停」は、借金返済が困難となった人が申立人となり、債権者を相手方として申し立てる手続です。特定調停では、調停委員が間に入って借金の実情や申立人の返済能力を調べ、借金の減額、分割返済などの話し合いを進めてくれます。