Q&A

個人再生

住宅を持ち続けるこの再生手続で注意する点は何ですか?
大事なのは家という「器」ではなく、苦しい家計の立て直しのはずです。どのような道を選ぶにしろ、手続の有利不利を熟知している弁護士のアドバイスを受けた方が良いでしょう。生半可な知識で判断してしまうのは危険です。