Q&A

相談センターについて

もう少し具体的な債務整理の流れを教えてください。
弁護士は、債務整理の事件を受任すると直ぐに貸金業者に受任通知を送付します。弁護士の受任通知を受け取った貸金業者は、顧客(債務者)に対して直接取立を行うことが禁止されています。この点が、弁護士に債務整理を依頼した時点での最大の効果です。言い換えれば、弁護士に依頼すれば、貸金業者からの督促の煩わしさから解放されることになります。
もちろん、取立てが止まってもそれは一時的なことであり、引き続き弁護士と一緒に債務を整理して、借金そのものをなくす必要があります。こうした債務整理のためには銀行や貸金業者と互角に渡り合ったり、裁判所の手続を利用する必要があります。銀行も貸金業者も「貸付のプロ」「取立のプロ」であって、借主本人が直接に交渉することは非常に困難です。こうした債務整理は、整理屋や悪徳弁護士・悪徳司法書士などの上手い言葉にだまされず、弁護士会が紹介する「借金解決の専門家」に是非お任せ下さい。

関連記事

相談事例