相談センターとは -当センターのメリット-
借金問題で苦しんではいませんか?借金をする理由は色々ありますが、決して借金を苦にして命を絶ったり、気にかけ過ぎてうつ病などになったりしないで下さい。当センターでは、親身になって貴方の悩みを解決します。
借金は債務整理で減免できます。
貸金業者からの借入れ(約定では年20%以上)には、利息制限法の定めを超える利息(年15%〜年20%を越える)がついているので、この部分について減額を求めることになります。
多くの場合、5〜7年以上、真面目に支払いを継続していれば、貸金業者に対する借金はなくなり(債務不存在)、それ以上の年月が経っていれば、貸金業者からお金を取り返すことも可能です(過払金の請求)。
さらに、債務を減額しても過払金を取り戻しても、まだ多額の債務が残る場合は、自己破産によって債務を免れる方法も検討します。

初回の相談料は無料です。
初回30分の面接相談は無料です。借金問題でお困りの方はすぐにお電話で、センターに予約してください。

相談センター登録弁護士は1000名余
新宿総合、蒲田の法律相談センターには、借金問題の解決に詳しい弁護士が、東京三弁護士会全体で1000名余り登録しています。また、東京三弁護士会が法律相談センターにおける法律相談の内容につきモニタリングをしたり、相談担当弁護士研修を実施する等、相談や事件処理の質の向上に絶えず努めています。
3つの法律相談センターでは、こういった弁護士が、毎日交替で借金問題でお困りの方の相談にあたっています。

借金問題に詳しい弁護士が親身になってお手伝いをします。
借金問題の解決の最たるものは、お金があれば、それに応じて支払い、お金がなければ「無い袖は振れぬ」ということを、声を大にして主張することです。借金問題は、こういっては何ですが、所詮、お金の問題であり、間違っても、命を絶ったり、うつ病等の病気になってはいけません。そして、弁護士会の法律相談センターでは、借金問題に詳しい弁護士が親身になってお手伝いをします。

貴方の秘密を守ります。
相談の秘密は必ず守ります。一人で悩まないで、まずはご相談ください。

弁護士費用は分割払いも可能です。
弁護士費用については、収入に応じた分割払いも可能であり、担当弁護士が相談者の方の家計状況等をお聞きしながら相談に応じます。
収入状況によっては、法律扶助制度を利用することも検討します。

←戻る
携帯アクセス解析