弁護士コラム

SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)の破産手続きについて

 

1.SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)の自己破産申立 

株式会社SFコーポレーション(旧三和ファイナンス株式会社)の自己破産の申立を受け、東京地方裁判所は、2011年8月26日午後5時、同社に対する破産手続開始決定をしました。

 同社は、準大手の消費者金融業者ですが、2007年頃以降、新規貸出を行っていないため、現在、同社に対する返済を継続中の人は(少なくとも4年以上の取引があることになるので)、利息制限法による引き直し計算をすると、過払金が発生していることが多いものと思われます。

 破産管財人は、2011年10月中旬以降、1か月以上にわたり、5~6回に分けて、過払金が発生している見込みのある(元)顧客約70万人に対して、破産手続開始通知を発送しています。

 

2.債権者破産申立が棄却された経緯等 

もともと、SFコーポレーションは、2006年頃から、過払金の返還に応じなくなっていました。

そのため、2009年3月には、過払金債権者らが、集団で債権者破産の申立て(2度目の申立)をしたのですが、これに対し、同社は激しく抵抗し、「投資家との間でローンパーティシペーション契約をしているので、支払った過払金は投資家に請求できる。」「したがって、潜在的過払金(まだ請求されていない過払金)を含めて、支払不能に陥る可能性はない。」旨の主張をしていました。

 そして、2009年7月2日、東京地方裁判所が債権者破産の申立を棄却し、同年12月21日、東京高等裁判所が債権者の即時抗告を棄却し、2010年3月29日、最高裁判所が特別抗告も棄却したため、この時点では、SFコーポレーションの抵抗により、債権者破産の申立は認められませんでした。

 

3.破産管財人に対する期待 

それなのに、最高裁の特別抗告棄却決定からわずか1年半後の2011年8月に、SFコーポレーションが、自ら破産申立をするに至ったのは、どのような事情によるのか。

前回、債権者破産の申立を受けたとき、同社が「潜在的過払金も含めて、支払不能に陥る可能性はない。」と主張していたのは何だったのか、同社は、いつ支払不能に陥ったのか、前回の債権者破産の申立てを受けたときから、実は支払不能だったのではないか、など、同社の破産手続については、様々な疑問が提起されています。

現在、破産管財人は「債権者の皆様に対する配当ができない可能性がある」ため、「当面、破産債権届出書の提出は必要ありません。」としており、SFコーポレーションの自己破産申立時の提出資料だけでは、配当の見込みは立っていないようです。

今後、債権者に対する配当ができるかどうかは、破産管財人の調査によって、上記のような様々な疑問を解明した上で、旧役員に対する損害賠償請求や、偏頗弁済等に対する否認権行使を、破産管財人が、どこまで積極的に実現することができるかにかかっています。

 

4.過払いとなっていない人の場合

なお、利息制限法による計算をしても過払いになっていない人については、今回の破産手続開始決定により、支払義務がなくなることはありませんが、少なくとも、利息制限法違反の約定利率を前提とした約定残債務額についての支払義務があるわけではないことに留意する必要があります。

破産管財人は現在、残債務ある人に対して、利息制限法による引き直し計算をした法律上の債務残高を通知することまではしていません。

そのため、このまま、黙って支払い続けていると、今後、過払金が発生する(計算上、債務を完済した後も支払い続けてしまう)人が出てくる可能性もあります。

 

5.弁護士会の相談体制

東京弁護士会、第1東京弁護士会、第2東京弁護士会では、四谷・神田・錦糸町の各法律相談センターで、クレジット・サラ金問題に関し、無料法律相談を行っています。SFコーポレーションについて、「破産手続開始通知を受け取ったが、どうすればよいのかわからない。」「通知が来ないので現在も支払中だが、自分は過払いではないのか。」「いつまで支払い続けなければならないのか。」等の相談をしたい方は、下記電話番号で予約の上、ぜひ弁護士との面接相談にお越し下さい。

四谷 03-5367-5280

神田 03-5289-8850

錦糸町03-5625-7336

 

また、下記電話番号では、弁護士が電話による法律相談に応じています。

クレサラ電話相談

四谷 03-5379-5021

神田 03-3257-6663

いずれも相談料は無料です。

 

SFコーポレーションに限らず、債務整理および過払金請求一般についてのご相談も可能ですので、ぜひお電話下さい。


コラム

2014年12月15日
クレジット・サラ金法律相談の効用
2014年07月29日
業者との和解について
2014年07月10日
弁護士に債務整理の依頼をするときは弁護士との個別の直接面談が原則です
2014年04月10日
個人再生手続
2014年02月26日
訴状や支払督促が来たら
2014年01月16日
目の前の借金問題だけではなく総合的な解決をお手伝いします!
2013年12月10日
破産手続って面倒な手続なのでしょうか?
2013年10月17日
債務整理と弁護士費用
2013年08月27日
「偽装質屋」にご注意!
2013年07月10日
ヤミ金業者からの借入について
2013年06月04日
「バックレた者」勝ちか
2013年05月13日
弁護士費用がご心配な方へ
2013年02月22日
法人や個人事業主の方の債務整理手続のご相談もお受けしています
2013年01月28日
債務整理をすると・・・
2012年11月19日
破産手続~債権者の対応について
2012年10月26日
自己破産だけは避けたい!というお気持ちの方へ
2012年09月30日
借金の原因
2012年07月31日
個人再生手続のおすすめ
2012年06月29日
任意整理後の弁済
2012年05月31日
任意整理のすすめ
2012年04月16日
破産事件における自由財産
2012年04月04日
名前を知らない業者から取立ての手紙が届いたときは(振り込め詐欺、架空請求、債権譲渡、保証など)
2012年02月01日
CFJ、プロミス、アコムは「悪意の受益者」(最高裁判決より)
2012年01月11日
治らない浪費
2011年12月15日
SFコーポレーション(旧三和ファイナンス)の破産手続きについて
2011年10月20日
こちらクレサラ相談センター受付係(vol.4)
2011年10月18日
切替をしたサラ金業者に対する過払金の請求
2011年10月05日
クレジットカードのショッピング枠の現金化について
2011年10月05日
過払金回収の相談について
2011年07月26日
武富士の会社更生手続について
2011年07月26日
こちらクレサラ相談センター受付係(vol.3)
2011年06月20日
こちらクレサラ相談センター受付係(Vol.2)
2011年06月16日
借金を完済したサラ金業者に対する過払金の請求
2011年05月30日
東日本大震災から2ヵ月
2011年05月09日
こちらクレサラ相談センター受付係(vol.1)
2005年04月28日
こちらクレサラ相談センター受付係
2004年11月29日
アコムに対する過払金返還訴訟の判決
2004年11月19日
ヤミ金業者に慰謝料の支払命令
2004年11月04日
ずさんな破産申立をしている司法書士に注意
2004年09月25日
21世紀の公証人制度を考える -日独公証人制度を比較して-
2004年07月13日
プロミス社員を詐欺未遂で告発
2004年06月01日
密着!弁護士の一日
相談の流れ

クレサラ電話相談

弁護士が10分程度の簡単な相談に応じます。(無料)
03-3237-6663(四谷)
03-3257-6663(神田)
月曜~金曜(休日を除く)午前10時から正午

携帯サイトはこちらから

相談センターの地図や住所などをご確認いただけます。