事例1

事例1

比較的単純な任意整理で片付きました
赤井さん(53歳、サラリーマン)

53歳のサラリーマンの赤井さんは、平成10年7月に糖尿病で入院をしたことから、武富士から10万円を借りました。武富士のお店の女子店員は笑顔で感じもよく、借りるのは簡単でしたが、返済が始まると、やり繰りをするのが少し大変でした。それでも、最初のうちは借りたり返したりを繰り返して、赤井さんの生活には武富士はなくてはならないものになりました。
結局、武富士からは少しずつ借入を増やし、借入額が限度額いっぱいの50万円になったところで、テレビでCMをしているアコムやほのぼのレイクやプロミスからも借入をしました。
赤井さんは「借りたお金は、返さなくてはいけない」との思いで、真面目に返済してきましたが、4社から200万円を借りた時点で毎月の返済が8万円を越えイッパイイッパイになりました。
そうした中で会社からは残業禁止令が出され、「このままでは生きていけない」と思った赤井さんはHPで目にした弁護士会の法律相談センターに行ってみました。

弁護士の対応

相談を担当した弁護士からは、最初に「サラ金の金利は違法な金利であり、払わなくてよい利息があるんですよ」との説明がありました。赤井さんは、このとき、はじめて利息制限法という法律を知りました。
弁護士が調査をすると、利息制限法で計算し直すと、200万円あると思った借金は本当は50万円ほどになることが分かりました。弁護士は、サラ金4社と交渉をして、将来の金利をカットしてこの50万円の元本だけを2年間で返していくことになりました。毎月の支払は弁護士の費用を入れてもたった3万円で済み、これだったら赤井さんにも少しは生活のゆとりがでそうです。
赤井さんは、一時は一体これからどうしようと思い、いっそ死んでしまおうかと思っていました。弁護士に、「払わなくてよい利息がある」と聞いて、最初は半信半疑でしたが、本当にそうだったのかと得心しました。そして、これからは、「借金で困っている人がいたら、払わなくてよい利息があることを教えて上げます。困ったら弁護士会の法律相談を勧めてあげます」と笑顔で語っていました。


相談の流れ

クレサラ電話相談

弁護士が10分程度の簡単な相談に応じます。(無料)
03-3237-6663(四谷)
03-3257-6663(神田)
月曜~金曜(休日を除く)午前10時から正午

携帯サイトはこちらから

相談センターの地図や住所などをご確認いただけます。